冷え性に効果的な食べ物はお肉 


寒くなると手足の末端が冷えて辛いなど冷え性の悩みを持ってる人は沢山いると思います。
冷え性になる原因は色々ありますが、食べ物に関しての改善法を紹介します。

タンパク質は身体を温める効果がある?

肉を食べると胃腸で消化吸収されて、代謝される時に熱を発生させているのです。
だから、肉などのタンパク質を食べると自然と温かくなるはずなのです。

さらに肉には血行を良くする鉄分やビタミンE、代謝を促進するビタミンB1などが含まれています。

熱を発生させるエネルギーが不足している場合、血液の循環が悪い人は肉などのタンパク質を取ることで改善できることがあります。

良くない食べ物

冷え性の人はあまり食べないほうが良い身体を冷やす食べ物
砂糖、ご飯や麺類などの炭水化物は身体を冷やします。
炭水化物やお菓子は美味しいし、つい食べ過ぎてしまいますよね。なので糖分を取ると身体を冷やす怖い話をします。

糖分を摂取すると血糖値が急上昇します、上りすぎた血糖値を元に戻さなくてはならないのでインスリンが大量に分泌されるのです。
そうすると、血糖値が急降下します。この時体温も下がってしまうのです。

さらに、インスリンが大量に分泌されていると脂肪燃焼もうまくできなくなり、熱を発生させられなくなります。脂肪燃焼ができないのはダイエットを考えている人にとっても良くないですよね。

自律神経の乱れも冷え性に関係してきますが、砂糖を沢山取ると、ビタミンBが消費され自律神経が乱れます。

ランチをパスタとデザートにしようとしてる人は要注意です。

タンパク質がたりないと

肉を食べると太ると敬遠してる人もいると思いますが、タンパク質が足りないと筋肉が落ちて、熱を発生させる能力が落ち冷えやすくなります。

筋肉量が少ないほど疲れやすい体質になる傾向があります。
疲れが溜まると内臓の働きが悪くなり、体を温める効果のある肉など消化に時間のかかるものが食べられなくなり悪循環になります。
疲れやすく運動量も減ると脂肪も付きやすくなってきます。

まとめ


寒くなってきて冷え性が気になる人はタンパク質を積極的に取りましょう。

体重が50kgの人だと一日に50gのタンパク質が必要です。
50gのタンパク質を取るには卵6個、豆腐だと2.5丁、鶏ささみだと200g、牛もも肉だと180g必要です。

意外とタンパク質が不足している人は多いと思います。
冷え性の人は特にタンパク質を意識して取るように心がけてみましょう。

 

お肉で簡単に糖質制限ダイエット

炭水化物や糖分を少なくする糖質制限ですが、制限されるとストレスや炭水化物など糖分を食べたい欲求で続かなかったりしますよね。

そこでお肉を食べる事で無理なく糖質制限ダイエットを続ける事ができる方法を紹介します。

糖質制限ダイエットとは

肥満等の原因になる血糖値を抑えるダイエット法です。
血糖値とは血液に含まれるブドウ糖の濃度の値です。食事をすると血糖値が上がります。
特に米やパンなどの穀物、お菓子が血糖値を上げる原因になります。
糖質は一定量を超えると脂肪として蓄えられるのです。

そこで糖質を制限して脂肪を付けないダイエットが体にも良いのです。

食べる量

お肉は一日に150g~200gくらいが体に良いそうです。朝昼晩の3食に分けるとしたら一回の量は60gくらいです。

その他に腸内環境を整える意味でも野菜を沢山とりましょう。
ジャガイモは糖質なので食べてはだめと言ったりしますが、ジャガイモのカロリーは76kcalです。白米のカロリーは168kcalなのでカロリーは少ないですよね。
さらにジャガイモには代謝を助けるビタミンB群が含まれているのでダイエット時でも食べて良いと思います。

ダイエットで重要な事は無理をしすぎない事です。リバウンドしたら意味もないし体にも悪いです。

お肉には精神安定の効果も

食事制限するとイライラしてきますよね。
お肉には精神安定に役立つ栄養が豊富なのです。

 

トリプトファンがお肉には豊富
このトリプトファンは脳内伝達物質のセロトニンを作る材料になるのです。
セロトニンとは別名しあわせホルモンと呼ばれています。ストレスや疲労で、セロトニンの分泌量が減ってしまうのです。

肉以外にも大豆や乳製品にもトリプトファンが豊富です。

その他にも鉄分やビタミンB群がお肉には豊富で精神安定に良いと言われています。

肉は腹持ち抜群

ダイエットで一番悪いのはお菓子などを間食に食べる事だと思いますが、お肉を食べると消化に時間が掛かるので、次の食事まで間までお腹がすきにくいはずです。
お肉は満足感が得られるのでお菓子を我慢するのにも役立ちます。

その他に腹持ちの良い食品は納豆や豆腐などの豆類
GI値の低い玄米も腹持ちが良いです。GI値とは食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードで数値が高いほど血糖値を急激に上昇させます。
GI値の低い玄米はダイエットに良いと思います。

まとめ

糖質制限ダイエットを上手くするコツとして、色んなお肉を食べてお肉を楽しみましょう。

極端に肉ばかり食べないでバランスの良い食事を心がけましょう。
軽い運動もしてついでに健康な身体になりましょうね。

 

焼肉はダイエットにも必要だ

ダイエットしている人は焼肉を食べてはダメだと思っている人もいると思いますが、むしろダイエットしてる人にこそ食べて貰いたい焼肉メニューを紹介します。

重要なタンパク質

筋肉はもちろん骨や内臓、髪、肌などもタンパク質が欠かせません。

タンパク質は特に運動や肉体労働をやってない人でも体重×1グラム以上必要と言われています。
60kgの体重の人なら60グラム以上のタンパク質が必要になります。

卵なら10個、納豆なら7パック必要です。ちょっと難しですよね。

牛肉の赤身肉だと250グラムで必要なタンパク質が得られます。焼肉屋の一人前はだいたい100グラムなので2.5人前で必要なタンパク質を得る事が出来るので難しくないですよね。

タンパク質が不足すると筋肉が減り基礎代謝が落ちるのでダイエットが難しくなりますし、肌荒れや抜け毛などの症状が出る場合があります。

おススメの焼肉メニュー

ロースやヒレなどの牛赤身肉を選びましょう。赤身肉にはL-カルニチンと言うアミノ酸が含まれているからです。
L-カルニチンは脂肪の燃焼に役立ちます。しかも内臓脂肪の予防にも効果があります。

牛タンも低カロリーでさらに栄養価が高いのでおススメです。脂肪をエネルギーにするビタミンB1や脳神経に良いと言われているビタミンB12などが含まれています。

焼き加減は人それぞれ好みがあると思いますが、ダイエットには焼きすぎないレアが良いです。レアだとお肉に含まれる酵素が取ることが出来るからです。
牛肉はレアで食べれますが表面やサイドなどはきちんと焼きましょう。

サイドメニューではキムチも食べましょう。唐辛子に含まれるカプサイシンは脂肪燃焼効果があります。消化も助けてくれる大根のカクテキが特におススメです。

サラダやキャベツなど野菜を沢山とりましょう。食物繊維が脂肪吸収を抑えてくれます。

薬味も使って美味しく食べよう。ニンニクやショウガなどは脂肪の燃焼に効果がありますし、お肉との相性もバッチリです。

アルコール

焼肉にはビールですよね。当然ですが飲みすぎは良くありません。二杯目からはハイボールや焼酎など低カロリーなお酒にして焼肉を楽しんでください。

まとめ

お肉が好きな人はダイエット焼肉はアリだと思います。個人的にお肉が好きな人は元気な人が多いと思います。
お肉には人を元気にする力があると思います。

元気がなければダイエットもできません。
お肉だけでなく野菜もバランスよく食べて健康にダイエットしましょう。

楽しくて飲み過ぎたり、食べ過ぎたりしないように注意しましょうね。

美味しい赤身肉が食べたい方はこちらからどうぞ
↓     ↓      ↓     ↓
但馬牛・三田和牛専門店ミート・マイチク