米沢牛の美味しい食べ方


日本三大和牛和牛のブランド牛の米沢牛は美味しいのか、普通の黒毛和牛とのちがいを紹介します。

米沢牛とは

有名なブランド牛の多くは関西地方(松阪牛、神戸牛、近江牛)が多いですけど、米沢牛は東北の山形県米沢市を含む置賜地方で肥育された牛です。

置賜地方は冬になると寒い時で-10度になることもあるし、一家に一台除雪機があるほどの豪雪地帯です。

この厳しい冬があるから米沢牛は身が引き締まっていて美味しいとも言われています。


 

米沢牛の育て方

米沢牛として出荷するには生後32ヶ月以上でなければならないのです。

まず9ヶ月前後の子牛を買ってきてから肥育が始まります。霜降りの肉を作るには餌が重要です。

外国産の牛肉で臭みが強いのは牧草を多く食べてるから臭いともいわれます。

牛の体調に気を付けながら霜降り肉にしていくために、稲わら、大麦、大豆などを食べさせます。最後の6ヶ月が特に重要でここで食べたものが牛肉の味に反映されるとも言われています。

 

32ヶ月以上たって出荷できる状態になったら枝肉市場(解体された状態)で基準値以上のものが米沢牛となり出荷されます。

 

 

他の和牛との違い

米沢牛は夏暑く冬寒いそして昼夜の寒暖の差が大きいこともあり成長が遅く長い肥育になっています。長く肥育することによって、赤身に脂身の旨味が浸透して香りの高い肉質が特徴です。

 

おすすめの部位

米沢牛のおすすめの部位は肉の味が分かるリブロースはおすすめです。厚切りの焼肉が良いですね。

ステーキにするなら霜降りのバランスの良いサーロインがいいですね。赤身に浸透したお肉を味わいたいですね。

赤身の美味しい肩ロースやもも肉も機会があったら食べたいですね。

米沢牛は全部美味しいと思います。

 

まとめ

米沢牛の育った環境と山形の自然豊かな所で生産された穀物を使い生産農家の方が工夫して育てた米沢牛は一度食べてみる価値がありますね。

 

 

 

値段は当然高いですが、お祝い事などありましたら送られて喜ぶはずです。

結婚祝い、出産祝い、内祝い、誕生日プレゼント、母の日、父の日、中元、歳暮などありましたらこちらからどうぞ

 

 



米沢牛の美味しい食べ方 はコメントを受け付けていません。