クレアチンは肉からも摂取すると良い アスリート必見です

アスリートや筋トレをする人がパフォーマンスの向上のためにクレアチンのサプリメントを服用している人、服用を考えている人は結構いると思います。

このクレアチンは実は肉や魚に多く含まれている成分なのです。
サプリメントだけに頼らず質の良い食事で強くなりましょう。

クレアチンとは

クレアチンは必須アミノ酸で構成されていて筋肉内の組織にある物質で、主に肝臓や腎臓で合成されています。

クレアチンは筋肉内に取り込まれると、クレアチンリン酸に変化し、アデノシン三リン酸(ATP)と言うエネルギー源を生産します。
このATPは運動を行うと分解されて、アデノシン二リン酸(ADP)と言う物質に変化します。

クレアチンを摂取すると、このADPをATPに再び戻してくれる働きをするため、疲労回復や持久力向上によりパフォーマンスを上げることができるのです。

クレアチンはサプリだけでいいのか?

サプリでの長期服用は避けた方が良いと言われています。長期のクレアチンの過剰摂取で障害が認められたという報告もあります。クレアチンを大量に摂取すると、分解物質であるクレアチニン(老廃物)の血漿中濃度が増え、尿量が増加して腎臓や心臓に負担がかかるとみられています。

クレアチンが多く含まれている食品

食品1㎏中のクレアチン含有量は
牛肉4,4g
豚肉5g
鮭4,4g
クレアチンは肉や魚に多く含まれているので積極的に取り入れていきましょう。

その他にもお肉の嬉しい効果

激しい運動をする人は疲労回復が大事です。
肉には疲労回復に効果の高い鉄分や必須アミノ酸が多く含まれています。
しかも植物性の食品より動物性の食品の方が数倍も吸収が良いと言われています。

まとめ

肉や魚だけでは沢山のクレアチンを取ることは出来ませんが、サプリメントの過剰摂取は身体に良くない場合があります。
肉にはクレアチン以外にもアスリートに必要な栄養素がバランス良く含まれています。

肉を食べると太ると言うのは勘違いです。タンパク質が少ないと筋肉が落ちて疲れやすくなり運動量も減ります。

クレアチンは肉からも摂取すると良い アスリート必見です はコメントを受け付けていません。 未分類